キービジュアル キービジュアル

看護部の教育研修について

看護部は、自立した感性豊かな看護師の育成を目指し、院内教育プログラムを作成し実践しています。

新人教育では、プリセプター制度を取り入れ知識・技術の習得だけではなく、精神的サポートを行いながら、一人一人に丁寧に指導しています。また、既卒入職者にも、担当の指導者を配置し、職場環境になれ実践に自信が持てるようになるまでサポートできる体制作りを行っています。

看護部教育担当
大久保 あき子

画像

採用前によくある質問はこちら

プリセプター&プリセプティ対談

画像

当病院で実際にプリセプターを行った、3階東病棟の津田さん、藤木さんの様子を対談形式でご紹介します。

初めて会った時の印象は?

津田:第一印象は素直で何事に関しても一生懸命で、見ている私も初心に戻って頑張ろうという気持ちになりました。患者さんに対しても優しく丁寧に接している姿に誇らしさを感じました。

藤木:第一印象は、優しくて笑顔が素敵な方だなと感じました。スタッフの方にも優しくて頼りにされていて、私もこういう先輩看護師になりたいと思いました。

津田さんから藤木さんへ一言。

津田:病院の環境に慣れることが大変だったと思いますが、自分から声掛けをしていく姿勢に成長を感じました。これからも一緒に頑張りましょう。

画像
藤木さんから津田さんへ一言。

藤木:初めは緊張や不安がすごくありましたが、津田さんが私の事を気にかけ、よく声掛けをして下さいました。私も話かけやすく、すごく気持ちの面で助けられ頑張っていこうと思えました。

画像
最後に、既卒看護師さんで復帰を考えられている方へお言葉を!

津田:既卒看護師さんにもプリセプターがつき、チーム制で働いています。どの部署も些細な事でも聞きやすい環境だと思います。明るくみんな助け合いながら働ける職場だと思います。一度見学に来てください。

藤木:誰でも新しい職場に対して不安があると思います。私も初めは不安と緊張で一杯一杯でした。その中で城陽江尻病院に就職して、まずは病棟全体のチームワーク・雰囲気の良さにびっくりしました。分からないことでも優しく教えて下さり、とても話しかけやすかったです。そのため、入職してまだ間もないですが働きやすさを感じています。

フォームにてお問合せの方はこちらから
フォームにてお問合せの方はこちらから

このページの先頭へ