城陽江尻病院看護部
【お電話での受付】平日9:00~18:00
城陽江尻病院 ヘッダー画像
MENU

教育・研修

education

城陽江尻病院では病棟全体、病院全体で新人看護師を支えています。
先輩と新人のリアルな声をのぞいてみましょう・・・!

看護部の教育研修について

education

新井 美紀
自律した感性豊かな看護師の育成を目指し教育プログラムを作成し実施しています。

新人教育では、入職後各病棟・外来でローテーション研修を行い、看護技術の習得や各部署の役割・特徴を学びます。 配属後は、プリセプター制度を導入し、個々のレベルに合わせて教育支援しています。 また1年を通した新人研修を計画し、感染・安全対策、急変対応、呼吸器ケア、夜勤に向けて等を学び、看護チームの一員として日常業務が遂行できるよう新人看護師の成長を多職種でサポートしています。 既卒の入職者にも担当指導者を配置し、職場環境に慣れ実践に自信が持てるようになるまでサポートできる体制作りを行っています。

看護部教育担当 新井 美紀

プリセプター&プリセプティ対談

conversation

「いつも心の支えになってくれた」
プリセプター×プリセプティー
プリセプター
安田さん
×
プリセプティー
椿山さん

当病院で実際にプリセプター制度を行った、3階西病棟の安田恵璃奈さん、椿山綾さんの様子を対談形式でご紹介します。

第一印象はおとなしそうな子だなぁと ―安田

椿山
正直第一印象はあんまり覚えていなくて・・・(笑)
安田
えー!ひどい!(笑)
椿山
でも、優しそうな雰囲気だなぁ、話しやすそうだなぁと思いました。
今では毎日接するにあたってノリが良くて楽しい方だなと思っています!
安田
初めて会ったときは大人しそうな子だなと感じました。
自分のペースをしっかりと持っている子なので、現在は椿山さんのスピードに合わせた指導を心がけています。
椿山
それは感じています。合わせてくれているなって。急かされると手元がくるってしまって・・・。
業務には慣れてきたのですが、忙しくなると目の前の事でいっぱいいっぱいになってしまうので今後は周りを見られるようになりたいですね。
対談風景

アドバイスを実践して成長できた ―椿山

椿山
私は表情があまりでなくて…焦っていても周りには伝わらないようなんです。
そんな時に「もっと自分から発信していったらいいよ」って安田さんが言ってくれて。
あぁ、こんな時に助けを求めればいいんだな、こんな風に伝えればいいんだな、と分かってきました。
安田
もっと他の病棟スタッフにも助けを求めて、アドバイスを貰えるようにしてあげたくて。
椿山さんはポーカーフェイスなので伝わりにくい分もっと発信してほしかったんです。
最初の頃は患者さま一人だけを受け持っていたのですが、今では夜勤もしてチーム活動にも参加して・・・。
スムーズに動いているので本当に成長したなと感じています。
椿山
ありがとうございます。(照)
対談風景

看護師だけでなく病院全体が連携しています ―安田

椿山
スタッフ間の距離が近くていつでも相談し合える雰囲気ですよね?
安田
何かあったらすぐに連絡するよね。例えば患者さまがご飯を食べられていなかったら栄養科に連絡して、相談した上で「では、栄養はここからとろう!」とか。病棟の雰囲気はどう?
椿山
ワイワイしてる(笑)親しみやすいです!
安田
私たちの病棟が一番雰囲気いいんじゃないかって思っています(笑)
対談風景

お互いへのメッセージ

椿山
仕事でもプライベートでも話を聞いてもらえて本当にこころの支えになりました。
2年目になっても、こんな関係が続いていけば嬉しなと思います。
安田
プライベートの話もたくさんしたよね・・・言えないようなことも!(笑)
椿山さんにとってはハードな一年を過ごしたけれど弱音を吐かず付いてきてくれたのでありがたいなと思っているよ。
自分はまだまだ・・・って思っているかもしれないけど全然そんなことないから!
椿山さんに助けられている場面もあるし、2年目からは自信を付けてチームに思いや考えを発信していってほしいと思っています。
それから・・・またご飯いこうね!!
椿山
よろしくお願いします!頑張ります!
対談風景
PAGE TOP